ワンワン残酷物語(十一/後)

85P 誰が悪いわけでもない

86P ないないない、でも

87P なんとかなるさ

88P なぜ喪服なのか

前へ

エピソード2へ 

ホームへ戻るホームへ  

 漫画へ 

目次へ

 

◆あとがき◆

……ならねーよ。

というのが、作者が第一に抱いた感情である。

つーか、保健所の裏どうなってんの。何なのあの緑の草原は。

ここはいったいどこだよ! あいつらどこへ歩いていくんだよ!!

そういうことは気にしない方向でお願いします。

 

最初、保健所の男とワンワンがひたすらに追いかけっこを繰り広げるという、

『トムとジェリー』的な話として構想を練っていました。

しかし気がつけばこのような妙に辛気臭い話となっていました。

作者の雀の涙ほどの良心が、「野犬捕獲員と犬の追いかけっこ」ってのはさすがに

茶化せないな、と思いとどまらせたのかもしれません。

今のご時勢、どこからどんな抗議がくるかわからないので、

パラレルワールドということにさせていただきました。

虫取り網を振り回しながら犬を追いかけるまっとうな大人は、現代日本にはたぶんいません。

 

さて、私が現在、一番心配なことはというと、

…………

…………

この話、最後まで読んだ人がいるのだろうか?

……ということです。

 

ここまで読破してくだすったというありがたい方がいましたら、

こっそりと下のボタンを押してくださると嬉しいです。

 

では、読んでいただきまして本当にありがとうございました。

 

 

 

 

あ、ついでにこっちも

コミックルーム ウェブコミックランキング

ランキングです。押してくださると嬉しいです。